読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用(TOT) エンジニアの気ままにプログラミング

~考え、作って、また考える~

Google Apps Script での JSON ダウンロード

Google Apps Script

最近、GAS(Google Apps Script)を使う機会があり、

JSONダウンロードする処理を実装したため、メモ、共有のために残しておく。

 

【ソース】

https://github.com/HiroyukiIshimoto/GAS.git

 

【事前準備】

・「test」シートを用意 

  f:id:shevhome:20170226141622p:plain

・「error_base」シートを用意 

  f:id:shevhome:20170226141720p:plain

・上記ソースをスプレッドシートに追加

    f:id:shevhome:20170226141830p:plain

 

【実行方法】

メニューにサンプル用の表示が追加されるので、クリックして実行。

※メニューが表示されない場合は、ソースをスプレッドシートに追加後、

 再度、スプレッドシートを開き直してください。

f:id:shevhome:20170226141342p:plain

 

【実行結果想定】
「test」シートの簡易な未入力チェックのみ実施しているので

 未入力あり→「error_base」シートをコピーして「error_sample」シートを追加

 未入力なし→「test」シートの内容をJsonデータとしてエクスポート

 

 <未入力あり>

 未入力内容を「error_sample」に出力して、モーダルを表示。

 「シートに移動」押下で「error_sample」シートに移動します。

 f:id:shevhome:20170226142616p:plain

  ↓ 行表示が0と1となっててずれてるのはご愛嬌で。

 f:id:shevhome:20170226142658p:plain

 

 <未入力なし>

    マイドライブにjsonファイルを出力。

 そして、下記のモーダルを表示してダウンロード可能。

    f:id:shevhome:20170226142028p:plain

 出力されるJsonの中身はこんな感じ。

 f:id:shevhome:20170226143050p:plain