読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用(TOT) エンジニアの気ままにプログラミング

~考え、作って、また考える~

Androidアプリ開発を理解_001_基本のフォルダ構成

Android開発の基礎を理解

最初、聞きなれなかった「アクティビティ」。

それとフォルダ構成等を知らなかった「レイアウト」。

この2つと基本のフォルダ構成に関してメモ。

 

<アクティビティ>

アクティビティに関しては、実際の処理を記載する。

アクティビティはJavaのクラスになっており、

このクラスをメインとして各種処理をコントロールする。

この部分を処理ごとにクラスに分割したりするために、

クラスファイルを増やしていく流れで作業を進めていく。

 

<レイアウト>

AndroidStudioを使うとGUIでサクサクと使う部品をセットできるが、

その行為自体は裏でXMLを追記している。

直接、XMLを追記しても良いのだろうが、面倒なので、

そういうときにAndroidStuioのGUIは非常に便利。

XMLを直接編集しても問題ないと思うので、

  ちょっとした部品の設定値の変更はXMLを直接修正の方が早いかも。

 

<基本的なフォルダ構成>

処理自体はJavaフォルダ内に増やしていくことになる。

また、resファルだ配下のlayoutフォルダに画面のレイアウトの

XMLファイルを置いておく。

f:id:shevhome:20150905200327p:plain

 

他にも色々とフォルダがあるが、

それらに関しては、意味が分かった時点で追記する。