読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用(TOT) エンジニアの気ままにプログラミング

~考え、作って、また考える~

CakePHPを知る_003_CakePHPのクラスのローディング

BaserCMSの処理を理解するために、自分的に必要なところから、

CakePHPの公式サイトなどを参考にして、

CakePHPに関して理解を深めていきます。

※資料としては、最新バージョンに縛られず、わかりやすかった

 資料を参考にしています。

 

CakePHPのクラスロード>

オブジェクト指向でクラスを使って、作られていると思いますが、

そもそも、CakePHPでクラスのローディングってどうするのって

いうところがわからなかったので、

下記の内容をもとに理解しました。

(参考): App クラス — CakePHP Cookbook 2.x ドキュメント

 

BaserCMSのソースを見ていくと、

Appクラスのメソッドのうち、

よく使われているものが3つあるようですので、

合わせて覚えておいた方がよいかもしれないですね。

○App::uses    ・・・ クラスのローディング

○App::path    ・・・ パスの取得

○App::import ・・・ ファイルのインクルード

 

この3つが基本となって、クラス呼び出しや

関連するファイルの呼び出しなどを行っているようです。

基本的なことですが、これを理解しておくことで、

で少しずつ、BaserCMSのソースも読むことができそうですね。