読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不器用(TOT) エンジニアの気ままにプログラミング

~考え、作って、また考える~

CakePHPを知る_002_CakePHPのフォルダ構造

CakePHPを知る

BaserCMSの処理を理解するために、自分的に必要なところから、

CakePHPの公式サイトなどを参考にして、

CakePHPに関して理解を深めていきます。

※資料としては、最新バージョンに縛られず、わかりやすかった

 資料を参考にしています。

 

CakePHPのフォルダ構造

CakePHPのフォルダ構造に関しては、

下記の内容を参考にしました。

(参考):CakePHPのフォルダ構造 

 

この記載の中で、

主要な三つのフォルダに注目」

となっており、

1.appフォルダ   ・・・作成したファイルを入れるフォルダ

2.libフォルダ   ・・・コアファイルが置かれているフォルダ

3.vendorsフォルダ ・・・PHPライブラリが置かれているフォルダ

の3つが挙げられています。

 

2については、

----引用-----

開発チームが作成したプログラムが入る場所です。

このフォルダの中のファイルを勝手に編集 しない と誓ってください。

これはコア (心臓部分) で、ここをいじってしまうと、

私たちはもう助けを差し伸べることができません。

------------------

と注意されています。

 

BaserCMSに関しても、libフォルダの下には

〇Baserフォルダ

〇Cakeフォルダ

が存在しており、

Cakeフォルダ」が上記のCakePHPのコアファイルが置かれているフォルダ。

Baserフォルダ」がCakePHPのコアファイルをもとに、

BaserCMS用のコア処理をまとめているフォルダということですね。

 

どちらもコアファイルなので、ここをいじってしまうと

「助けてぇ~(ToT)/~~~」

  ↓

「私たちはもう助けを差し伸べることができません( ̄ー ̄)」

となってしまいますので、注意です。